病棟保育士(医療保育士)とは

MENU

スポンサード リンク


病院などで勤務する保育士

保育士の仕事は、保育所だけではありません。病院でも保育士が働ける機会はあります。
病院の病棟に入院している子供たちの身の回りの世話などを行うのは、看護師ではなく病棟保育士(医療保育士)のお仕事となります。

 

多くの保育士が働いている保育所では、子供たちの身の回りのお世話や、楽しい遊びなどの保育を行います。一方で病院に入院している子供たちは、朝から晩まで親が付きっきりで世話をすることができませんし、大人とは違い何かと手がかかるため、病棟保育士が配置されて子供たちの保育を行っています。

 

病棟保育士の仕事は、保育に関する知識が必要になるだけでなく、医療や看護についての知識も必要になります。病棟保育士という資格があるわけではないので、保育士の資格を持っている人が病院勤務をすれば、その人は病棟保育士という事になります。医療や看護に関する知識は実務の中で一つずつ覚えていくことが多いようです。

 

病棟保育士のお仕事は全ての病院にあるわけではありません。病棟保育士になりたい場合には、保育士の資格を持っていることは最低条件ですが、それだけではなく、病棟保育士を受け入れている病院を探さなければいけません。

 

そして、その病院で病棟保育士の求人が出るのを根気よく待つことが必要です。ニーズはあまり高くないお仕事なので、求人もなかなか出ませんし、出てもすぐに決まってしまうことも多いものです。

 

そのため、現在働いている仕事がある場合には、やめてから病棟保育士を目指して就職活動をするのではなく、求人を見つけて採用されるまでは仕事を辞めないようにしたほうが良いでしょう。

 

スポンサードリンク