保育園の1日の流れ

MENU

スポンサード リンク


保育園の1日はこうなっている!

保育士,資格,試験,仕事

保育士の一日は朝から大忙しです。保育所の営業時間によっては早朝勤務や夜間勤務などもありますから、子供達よりも早く保育所に行くこともあれば、出勤したらすでに子供たちが来ているという事もあります。

 

一般的には仕事に行く前に保育所に立ち寄って子供を預ける人が多いので、保育士の一日は一般のサラリーマンよりも早く始まることが多くなります。

 

出勤したら担当する子供達が来所するのをお迎えして、健康状態や体調のチェックを行います。欠席している子は、自宅に連絡するなどして状況把握を行うことも、保育士のお仕事です。

 

基本的に保育士は勉強を教えるわけではないため、朝から夕方まで、子供たちはお散歩をしたりおやつを食べたりしながら、みんなで楽しく過ごすことになります。

 

一日のスケジュールは決められているので、保育士はそのスケジュールに合わせて子供たちの保育を行います。食事やおやつなどが出る場合には、その準備をするのも保育士のお仕事。片付けなども行うので、食事タイムはてんてこ舞いの忙しさとなります。

 

ランチタイムの後には、多くの保育所ではお昼寝タイムがあります。慣れてくれば多くの子供は問題なく眠ってくれますが、場合によっては寝付けずにグズつく子供もいたりするので、添い寝をしたりして、あの手この手で工夫するのも保育士のお仕事です。

 

自分に子供がいると、育児をしている感覚で保育をすればうまくいくことも多いので、ママさん保育士もたくさん活躍しています。子供たちが帰宅した後や、子供たちがお昼寝している時間など、手が空いている時には、残務整理や雑務などをこなします。

 

スポンサードリンク