保育士の勤務体制と勤務時間

MENU

スポンサード リンク


公立保育所は8時間勤務

小さな子供の保育を行う保育士のお仕事は、職場によって勤務体制や勤務時間は異なります。
多くの保育士が働いている公立の保育所の場合には、一日の勤務時間は8時間と決められているため、延長保育などを受け付けている保育所なら、そこで働く保育士の勤務時間も早番と遅番に別れたシフト勤務になることが多いようです。

 

また、保育所によっては、正職員の保育士は昼間の勤務に従事して、夜間保育などはパートの保育士を雇用している保育所などもあります。

 

認可外の保育所の中には、24時間体制で保育を行っている施設もあります。そうした施設で働く保育士の場合には、シフト勤務になることが多くなっています。

 

そうしたところでは、早朝の時間外保育を担当する早番、朝から夕方まで既定の保育時間を担当する普通番、夕方以降の延長保育を担当する遅番などの勤務時間を当番制で担当しています。

 

土日に営業している保育所も増えている

保育所に子供を預ける人の多くは、仕事をしている時だけ利用しています。つまり、月曜日から金曜日までがほとんどです。そのため、保育所も週末は休日になっている所が多いのが特徴です。
家庭と仕事の両立をしたい人にとっては、土日はゆっくりお休みできる保育士の仕事は、両立しやすい職業といえます。

 

ただし、最近では週末でも営業している保育所なども増えているので、仕事探しの際には週末に必ず休めるわけではないことを理解した方が良いでしょう。その上で、自分の希望や条件に合った求人選びをすることが大切です。

 

スポンサードリンク