保育士養成校で資格をとる

MENU

スポンサード リンク


自分に合った保育士養成校を見つけよう!

保育士になるために学校で学びたいという方は、厚生労働省が指定する養成校に通いましょう。保育士養成課程を設置しているのは、4年制大学、短期大学、専門学校、通信教育があります。

 

どこで保育士資格を取ってもいいですが、学校によって保育士になれるまでの期間が違うことを知っておかなければなりません。

 

4年制大学の場合は、その名の通り修業年数は4年かかります。それ以外は昼間部の場合は原則2年で、最近では3年のところも増加しています。夜間部では社会人が仕事をしながら学べますが、昼間部と比べると少し時間がかかるのが特徴です。

 

他にも、自宅からの通学時間や必要な学費、卒業生の進路実績、校風なども需要なポイントです。学校のホームページやパンフレット、オープンキャンパスに積極的に参加して、実際に自分の目で確かめましょう。

 

養成校それぞれの特徴

4年制大学

  • 昼間部4年
  • 4年間という長い時間にゆったり学ぶことができ、幅広い知識、広い視野を持つことができる
  • 将来の自分の進路についてじっくり考えることができる
  • 保育士以外の履修コースが設けられている学校が多く、保育士以外の選択肢も広げられる

 

短期大学

  • 昼間部2年、夜間部3年
  • 短い期間で保育士資格を取得できる
  • 学校によっては、保育士以外の資格を取得することもできる
  • 必要なカリキュラムを濃い密度で学ぶので、時間的な余裕は少ない

 

専門学校

  • 昼間部2年、夜間部3年
  • 短大と同じく短い期間で保育士資格を取得できる
  • 一般の大学より、実践的な保育士の仕事内容を学べやすい
  • 学校によっては、保育士以外の資格を取得できる

 

通信教育

  • 2〜4年
  • 時間的な拘束を受けないので、現在働いている人に向いている
  • 入学試験がなく、書類選考のみで入れる
  • 大学や専門学校に比べて学費が安い
  • 保育士資格と幼稚園教諭免許をセットで取得できるところもある
  • 実技や実習科目はスクーリングが必要になるので、まとまった時間が取れることが条件

 

スポンサードリンク