幼保一元化と認定こども園

MENU

スポンサード リンク


幼保一元化と認定こども園

幼保一元化とは、幼稚園と保育所の運営の一元化をはかろうという政策のことです。もともと幼稚園は文部科学省の管轄で、保育所は厚生労働省の管轄という事からもわかるように、存在する目的や意味が異なります。

 

幼稚園では学校の延長線上のように教育に力を入れる教育機関なのに対し、保育所は、両親が働きやすい環境をサポートするための保育機関。そのため、保育所では基本的には勉強などは一切教える必要はありません。

 

近年では幼稚園のプログラムが多様化しているため、教育熱心な両親はどの幼稚園に入れるか、少ない定員に対して激戦が繰り広げられているほど。

 

保育所でも激戦なのですが、こちらは利用料金もリーズナブルで人気が高い公立保育所や自宅から近いロケーションの保育所を利用したいという理由が多いようです。

 

この幼保一元化は、幼稚園と保育園の質をバランスを取ることによって、多くの子供が平等に教育の機会を得られることを目的としている政策です。公立の幼稚園と保育園が対象になりますが、統一することによって経費削減につながるという経済効果もあります。

 

そんな幼保一元化によって誕生したのが、認定こども園。この施設は、都道府県によって定められている基準を満たす公立の施設を対象に行われていて、今後どんどん増えていく事が予想されています。

 

保育園のように長時間子供を預かってくれるだけでなく教育もしてくれる認定こども園は、保護者が働いている、いないにかかわらず利用できるので、今後は地方にも人気が拡大していくことが考えられます。

 

先生はどっちの資格が必要?

なお、認定こども園で働きたいと考えている方は、保育と教育をいっしょに行うことから、保育士資格と幼稚園教諭免許状の両方を持っていることが望ましいとされる傾向にあります。2つの資格を取るのは大変ですが就職は有利になります。

 

認定こども園の4つのタイプ

幼保連携型 保育園と幼稚園が連携して一体的な運営を行う
保育所型 保育所に幼稚園の機能を加えた施設
幼稚園型 幼稚園に保育所の機能を加えた施設
地方裁量型 保育所・幼稚園いずれの認可もなく、自治体が独自で認定する施設

 

スポンサードリンク