公立保育所と私立保育所の違い

MENU

スポンサード リンク


公立の先生は公務員 私立は特色を打ち出す保育方針

保育所には、認可されている公立保育所と、認可されていない私立保育所の二種類があります。
公立保育所は自治体が運営しているので預ける側にとっては大きな安心感がありますし、働く保育士にとっても地方公務員として働けるので、各種手当が福利厚生などの待遇が手厚いというメリットがあります。

 

研修制度や教育制度が充実している自治体も多いので、そうした自治体で保育士として働くならキャリアアップを目指すことも可能です。また、自治体なら経営破たんしてしまうリスクも少ないので、大きな安心感につながります。

 

ただし公立保育所で働くことには、いくつかのデメリットもあります。それは、数年ごとに転勤の可能性があるという点。保育士全員が転勤しなければいけないかどうかは自治体ごとに異なるものの、自治体運営の公立保育所では、各保育所の質を統一するために、保育士に数年ごとの転勤を課している所も少なくありません。

 

転勤と言っても自治体内の別の保育所への転勤なので、通勤しづらくなったという事は少ないようですが、自宅から通いやすい場所の時もあれば、そうでもない時もあることはデメリットといえます。

 

一方の私立保育所は、公務員としての扱いはないものの、公立と比べると時給が良い所も多かったり、パートで働けるお仕事も多いなどのメリットもあります。保育所ごとに特徴や雰囲気が異なるのが私立の特徴で、キリスト教や仏教など宗教色が強い所もあれば、学習や食育などを積極的に取り入れている所もあります。

 

スポンサードリンク