保育士 よくある質問

MENU

スポンサード リンク


保育士 よくある質問記事一覧

保育士になりたいのですが、将来性はあるのでしょうか?少子化で子供の数が少なくなっているから、保育士のニーズも減っているのではないかと心配する人もいますが、現実には保育士のニーズは少子化とは関係なくますます高まり、全国各地でたくさんの求人募集が行われています。小さな子供が大好きな人にとっては、子供たちに囲まれて働ける保育士というお仕事は、まさに天職といえるかもしれません。そんな保育士のお仕事は、以前...

保育士は女性が多い職業ですが、男性でも保育士になれるのでしょうか?保育士として働くには、男性や女性の性別は関係ありません。男性でも女性でも、誰でも資格を取得して都道府県に登録すれば、保育士として働くことができます。このお仕事は小さな子供達と一緒に毎日思い切り遊んだりするので、かなり体力を必要とします。そのため、女性よりも男性の方が向いているという人も少なくありません。小さな子供を保育するという仕事...

音楽が苦手なのですが、ピアノは弾けるようにしておいたほうがいいですか?保育士のお仕事は、小さな子供達を保育すること。保育園ときいて、先生が弾くピアノに合わせて子供たちが歌を歌っている光景を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。ピアノが得意な人なら、保育士の仕事にピアノの技術が必要かどうかはあまり心配する必要がありません。しかし、ピアノがまったくできないという人にとっては、せっかく保育士の資格を...

30代からでも保育士を目指せますか?年齢制限とかはあるのでしょうか?保育士になるためには、資格試験に合格しなければいけません。この資格試験を受験するためにはいろいろな受験資格が設けられていますが、その中に年齢制限などは一切ありません。つまり、保育士の資格を取得するためには年齢は関係なく、30代でも問題なく目指すことができます。保育士のお仕事は、小さな子供が大好きな若い女性が圧倒的に多かったり、結婚...

保護者さんの対応は大変ですか?小さな子供を保育する保育士は、子供達とのコミュニケーションも大切ですが、保護者と行うこともとても大切。仕事をしながら小さな子供を保育所に預ける保護者にとっては、毎日どんなことがあるか心配ですし、不安を抱えていることも少なくありません。そのため保育士と積極的にコミュニケーションを取ろうとする保護者も多いのです。保護者の中には、とても協力的でコミュニケーションが取りやすい...

保育士も有給休暇はとれますか?保育士のお仕事は、正社員として働く人もいればパートとして働く人もいます。また、社内勤務のサラリーマンのように、就業時間が終わればサッと仕事を片付けて帰宅できるというわけではありません。小さな子供を保育するのが保育士の仕事ですが、両親のお迎えが少し遅くなったりすれば保育士も子供と一緒に残らなければいけませんし、子供が喧嘩をしたり怪我をしたりしたら、その状況を保護者に伝え...

保育士から転職して他の仕事はできますか?保育士の資格を取得して働き始めたけれど、何となく自分には向いていないように感じることは、誰にでもあります。特に、保育士になったばかりの時には仕事の要領も悪かったり、ミスをすることも多いですし、保護者とのコミュニケーションが上手に取れずに自分の適性を疑ってしまう人も少なくありません。保育士から転職して他の仕事につくことはもちろん可能です。ただし、時間をかけて取...

保育士の資格は独学でも取得できますか?保育士の資格を取得するには、養成校へ通学しながら知識を習得する方法か、資格試験に合格する方法のいずれかを選択しなければいけません。働きながら受験対策をする場合には、多くの人が自分自身で試験勉強をするわけですが、独学だけで膨大な受験範囲をカバーするのはとても大変です。大半の人は、保育士資格取得のための通信講座を利用しています。通信講座は半年から1年間という期間を...

保育所保育指針とは何なのでしょうか?保育所保育指針とは、厚生労働省が公示した、すべての保育所が一定の保育の水準を保つためのガイドラインです。昭和40年に制定され、その後、平成2年、12年、20年に改定されています。2016年には、乳幼児において少人数保育を目指すために、保育方針の見直し案も検討されています。保育士試験では、数科目に重複して保育方針から出題されます。したがって、これから保育士を目指す...